高級クリームほどやっぱり美白効果も高いの?

高級クリームほどやっぱり美白効果も高いの? 世の中なんでもピンキリがありますが、化粧品も例外ではありません。数万円もするような高級クリームもあれば1000円未満で買えるものもあります。


毎日使うことを考えると安いに越したことはありませんが、肝心の効果がなければそれはそれで無駄な労力になります。 価格が高いほど高級美白クリームほど効果が高いか?ということですが、これについては使ってみないと分からないというのがその答えです。


というのも肌に積極的に働きかける要素が強い美白成分というのは肌との相性というのが非常に重要でそれがすべてを決めてしまうところがあるからです。


美白成分でもルシノールやビタミンC誘導体が比較的かぶれにくいとか肌にやさしいといわれているもので、ハイドロキノンなどが刺激が強いといわれていますが、 これも人によってよりけりで使ってみないことにはわからないことが多いんです。


なので、数万円の高級美白クリームでは全然効果を感じられなかったけれど、数千円の美白クリームでは効果を実感できたということは普通にあるんです。 美白の場合は、価格の違いで効果が変わるというよりも美白成分の違いによって変わると思っていたほうがいいです。


多くの場合、私たちは高級な化粧品ほど効果も高いと思わされていますが、化粧品は医薬品とは違って効果といっても限界があるものです。 期待感を高めるためにあえて強気の価格設定をしているものも多いのでそのあたりの業界事情というのも気に留めておくといいと思います。


「高級=効果」ではありません! ランキングをチェック!

美白成分にもグレードがある!?

美白成分にもグレードがある!? 高級クリームとプチプラクリームでは成分のグレードが違うことも知っておきたいことです。同じビタミンC誘導体が配合されていたとしても ビタミンC誘導体にもグレードがあってランクの高いものと低いものがあるんです。


すごく安い化粧品というのはランクの低い原料を使っている可能性があり、効果や安定性に不安があります。化粧水などは配合できる有効成分の濃度に限界があるので 高いものも安いものの差はあまりでないんですが、美容液やクリームなど有効成分の濃度が高いアイテムになるとその違いは明確にでてきます。


ただ、原料のグレードが高いといっても原料費自体がそんなに高くないので数万円もするというのはやっぱり大人の事情があると思ったほうがいいです。


原料がレアだから高いという商品もありますが、本当に原料が希少なものなら個数限定になるはずです。でもなってませんよね? ということはつまり、「原料が希少価値のあるものだから高い」ということはセールス上の演出ということがいえるわけです。


ある程度、期待できる化粧品はやはりそれなりの価格はしますが、そこまで高くなることはないです。 だいたい、本品価格で3,000円以上~10,000円以下というのが標準価格帯といったところなので、この価格帯を外れて極端に安かったり、高いというのは何かしら事情があると思ったほうがいいです。


乾燥肌用美白クリームの<ベスト3> 気になる価格は?
Copyright © 2014 潤い重視!乾燥肌用美白クリームランキング<Best3>· All Rights Reserved·