肌のうるおいが透明感を引き出す!

肌のうるおいが透明感を引き出す! うるおいある肌というのはそれだけで透明感があります。肌の水分量が多い肌というのは赤ちゃんの肌をイメージしてもらえばわかりますが明るく透明感がありますよね。


逆に乾燥している肌というのはくすんできます。理由は肌のキメが乱れているから。乾燥した肌は角層が毛羽立っているので光が当たったときに変な反射をします。 きれいに反射をしないため肌色がくすんでみえるんですね。


また、乾燥している肌は例外なく肌のターンオーバーが乱れるのでそのせいで肌表面に古い角質が蓄積されるようになり、肌の明度を下げてしまいますし、 肌内部のメラニンの排出もできないため肌がにごってしまうんですね。


というわけで、美白成分を利用してメラニンをやっつけることも大切ですが、肌の状態は健康か?うるおいがあって肌のターンオーバーがきちんが行われているか? を注目して問題があるなら整えておく必要があるんです。


そもそもなぜ10代の若いころは日焼けしてもシミが残らないのに年齢とともにシミが残りやすくなるのかというと、それは乾燥してターンオーバーが乱れるようになるからです。 逆にいえば年を重ねても肌がうるおっていて、代謝機能が優れていればシミが残るようことにはならないということなんです。


代謝機能を活性化させる方法としては角質ケアが一般的な対策ですが、これはけっこうリスクがある方法です。 肌に負担をかけることなく代謝機能を高めようと思ったら保湿するのが一番です。だから美白クリームも保湿力が高いものを選ぶことが大切です。


保湿力もある美白クリーム<Best3> 詳細はコチラ

代謝ケア(=角質ケア)の知っておきたい問題点とは?

代謝ケア(=角質ケア)の知っておきたい問題点とは? よく美白ケアというのはメラニンケアと角質ケアの組み合わせであると解説されているのをみます。メラニンケアというのは美白コスメを使って メラニン生成を抑制したり、できてしまったメラニンにアプローチするケアのことです。


もうひとつ角質ケアというのは角層表面をあえて削り取ることで肌の新陳代謝を促して表皮のメラニンを排出しようというものです。


肌表面に蓄積されている古い角質を除去するだけでも肌のトーンが上がりますし、代謝を早めることで肌内部のメラニンの排出を早めることができるのは確かなんですが、実は角質ケアってリスクがある方法なんです。


1つ目のリスクは、肌の代謝を無理やり早めるということで未熟な角層ができやすくなってしまうということがあります。こうなると刺激に弱くなり乾燥しやすくなるので 本末転倒の結果になってしまうことになります。


もう1つは表皮を削りすぎて皮膚が薄くなってしまうことです。こうなるとバリアとなる角層も薄くなるのでやっぱり刺激に弱くなり乾燥しやすくなってしまいます。 肌の代謝機能を高めようと思ってやったことが逆に不健康な肌をつくってしまう原因になるというなんとも皮肉な結果を招いてしまうんですね。


ピーリングを普段のスキンケアに取りいれましょうと推奨している人も多いですが、まずは睡眠をしっかりとるとか食事内容を改善するとか 保湿をしっかりするという方法で肌環境を整備して代謝機能を高めるというアプローチが先です。


正直、30代まではピーリングなど角質ケアはメリットよりもデメリットのほうが多い気がします。40代になったらピーリングも取り入れてもいいと思いますが、 理想をいえばマイクロスコープなどで肌のキメの状態を確認しながらピーリングをするかどうか決めたほうがいいです。肌のキメの状態で代謝機能の状況がわかるからです。


まずは保湿で代謝機能を高めましょう! 乾燥肌用美白クリーム<Best3>へ
Copyright © 2014 潤い重視!乾燥肌用美白クリームランキング<Best3>· All Rights Reserved·